Your language?
May, 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

群論

トポロジ 使 われる として , である ホモロ 2 ホモトピ などは ベル 不変 である , のように とは らない 不変 もある また , として される

調 べるために テクニ いることもよく なわれている , とえば geometric group theory という がある

アプロ としては , Majid らによる 換幾 づいたも のがある [ Maj PMR ] など

, もちろん , , つまりあるものの 称性 わすものとしての 本来 のものである つまり , である ベクトル する たりする では , への にな てきて いる

トポロジ としては , コホモロジ がある コホモロジ えることができるからである では , fusion system などの ホモトピ 導入 されている

部分 などの up to homotopy にすることも えられている Farjoun Segev [ FS10 ] Prezma [ Pre ] など

とは えないかもしれないが , ると しが くなることも えば , object つで ての morphism とみなすことができ , して われたが , このようにみると うのが えるだろう また のように , における されることも えたのか からないが , えば Chirvasitu [ Chi ] にある Grothendieck construction である

としては , tautological ではあるが , での group object とい がある monoidal category での group object やその れる Blohmann Weinstein [ BW ] など ただ , group object はお かしい ている もいるようである

References